天草の海で育てた安心・安全なブリの養殖、販売
トップページ > 養殖作業工程
養殖作業工程

養殖作業工程

稚魚導入

もじゃこ採取地図
【ブリ・カンパチ】モジャコ導入
モジャコとは、ブリ(ハマチ)の種苗(子供)のこと で東シナ海の南方から海流に乗って来る藻の下に付い ているジャコ(雑魚)に由来してます。 ブリの種苗は人工孵化によって生まれるのではなく、 東シナ海の南方で生まれると言われています。 4月から5月にかけてモジャコを養殖するために東シ ナ海に採りに行き、九州の静かな湾の中で育て始めます。
【シマアジ・タイ】
シマアジ・タイは、ブリと違って 稚魚は天然に由来するものでは なく、人工ふ化によって生まれます。稚魚は生産業者によって人工ふ化されます。

餌付け

えさの画像
餌付けとは、雑魚が海にいる動植物プランクトンを 食 べているのから、 私達が作った栄養をたくさん 含んだ 餌に慣れるようにするものです。  人間で言えば、離乳食みたいなものです。

魚体重選別

魚体重選別の画像
雑魚の段階で魚体重を揃えることにより 魚の成長も均一になります。 また、このとき病気の魚なども選別します。

網換え・洗浄

海に浸かりっぱなしの網には自然に藻や 貝殻が付着します。  そのままにしておくと 網の中には新鮮な海水が進入しなくなり、 魚は酸欠状態となります。  これを防ぐため に、定期的に網を洗浄します。  また、網の メンテナンスや、魚の状態も一緒に観察し 未然に魚の逃走や病気などに対処します。

ワクチン接種

ワクチン接種の画像
人間が赤ちゃんの時にワクチンの接種を するように、魚にもワクチンを接種します。 生まれたばかりは魚もある程度免疫を持っ ていますが、ある一時期を過ぎると病気に かかりやすくなります。  病気を未然に防ぐために、余分な抗生物質を使用しないため に行います。

寄生虫駆除(消毒)

ブリの体表にはウロコの代わりに粘膜が あります。 そのため寄生虫が体表につき やすく、その寄生虫のせいで他の病気に なったりします。 それを防ぐために消毒を 行います。 消毒といっても魚を淡水の中にしばらく泳がせるだけ。この寄生虫は淡水に触れると死んでしまうのです。 危険な薬品などは使用致しません。

投餌

投餌の画像
投餌とは魚に餌をやることです。ただ闇雲に 餌をやるのではなく、 それぞれのイケスごとに栄養を考えて餌をやるのです。潮の流れ、水温、魚の状態などを総合的に判断し、 餌が無駄にならないように、魚が確実に大きくなるように 餌をあげます。同じ餌が続かないように変化をつけたりもします。 より天然に近い魚になるように日々研究を致しております。 餌の産地から始まり、餌の栄養分析を行い養殖段階からの魚の品質管理を行っています。

投薬

魚の健康状態を見ながら投餌や環境整備を行っても魚は病気になることがあります。 皆さんが風邪をひいてしまうのと同じです。魚の場合も少しの魚が病気になってしまえば周りに広がるのも早く、 全部が病気になってしまいます。病気になると魚はすぐに死んでしまいます。そうならないように薬を与えるのです。 投薬はあくまでも最後の手段であってその前にある予防行為(餌の管理・環境の管理)が一番大切なのです。

産卵準備期・産卵期・肥立ち期

魚は天然由来の種苗なので人工的に遺伝子の組換えや掛け合わせなどができないため、 本能的に卵を作ります。養殖を始めて1年半くらい経った時には、まだ産卵準備期で 、箸の先くらいの大きさだった卵の袋が1年10ヶ月くらい経つと、大きいものでは握り拳くらいの大きさになります。 この頃が産卵期です。また、産卵後の肥立ちには時間がかかります。産卵前には卵だけを大きくするため魚は胃袋に餌を入れなくなります。 産卵が終わり、胃袋小さくなった状態から餌を食べて自身の血肉にすることのできる胃袋になるまでの魚は身質が不安定になります。 この時が、肥立ち期です。そのため鮮度が良くても脂の乗り、身の変色が速いのです。 魚は自分の卵を大きくするために持っているエネルギー(脂質)を注ぎます。 産卵期を終えた魚は自分のエネルギー(脂質)を使い果たし痩せ細ってしまいます。

色上げ期【タイ】

タイも人間と同じで海の中にいても日焼けをします。 そのため生け簀全体に遮光ネットを張り直射日光が入らないようにし日焼けを予防します 。また、餌にエビ・カニ等を混ぜ合わせタイ独特の赤い色を出すようにします。

水上げ期

水揚げの画像
魚をイケスから取り上げて、生きじめし、加工場へ送る作業です。 生きじめとは魚の頭部に手カギを使いさしを入れ、即死させることです。 残酷ですが魚の鮮度を保つためにはこれが一番良いのです。生きじめされた魚は、氷水の中に入れられて冷やされ加工場へと運搬されます。 加工場までの所要時間は長くても1時間です。鮮度をそのままに加工します。
ページトップ

会社名:株式会社ブリミー
本社所在地:〒863-0044 熊本県天草市楠浦町446
電話番号:0969-22-5945
Fax番号:0969-23-7287
Copyright (C)burimy Corporation. All Rights Reserved.